主日礼拝の聖書

詩編1031節〜5 

(1)ダビデの詩。わたしの魂よ、主をたたえよ。わたしの内にあるものはこぞって聖なる御名をたたえよ。(2)わたしの魂よ、主をたたえよ。主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない。(3)主はお前の罪をことごとく赦し病をすべて癒し(4)命を墓から贖い出してくださる。慈しみと憐れみの冠を授け(5)長らえる限り良いものに満ち足らせ鷲のような若さを新たにしてくださる。

テサロニケの信徒への手紙一

516節〜24

 

(16)いつも喜んでいなさい。(17)絶えず祈りなさい。(18)どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。(19)“霊”の火を消してはいけません。(20)預言を軽んじてはいけません。(21)すべてを吟味して、良いものを大事にしなさい。(22)あらゆる悪いものから遠ざかりなさい。(23)どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り、わたしたちの主イエス・キリストの来られるとき、非のうちどころのないものとしてくださいますように。(24)あなたがたをお招きになった方は、真実で、必ずそのとおりにしてくださいます。

日本聖書協会刊『聖書 新共同訳』(1987)による
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988